慶應で産みたい*つんブログ

36歳妊婦 日々迷走

私が里帰りをしないことにした理由

産後は里帰りしません 最初はするつもりでした その理由を今回は書いてみます(^^) 夫の想い 電車が激混み 実家が近い 母の身体が弱い 保健師さんに通いが良いと勧められた 救世主・義母 夫が育休を取れそう 1. 夫の想い 子どもが大好きで誰よりも我が子を心…

好きなものでも胎教に良いとは限らない

今日のテーマはずばり!藤原竜也です! あれは私が高校2年生の頃、バトル・ロワイアルという映画が話題になった 中学生の殺し合いは残酷だとかでR15指定されて中学生観れなくなったやつです バトル・ロワイアル 発売日: 2015/08/01 メディア: Prime Video こ…

念願のAmazon 出産準備お試しBOX

Amazon prime会員で一定の条件を満たすと無料でもらえる出産準備お試しBOX prime会員なのでこれは申し込もうと条件を満たしていくものの在庫切れ中(゚∀゚)楽しみに待つこと5ヶ月。もう出産に間に合わないかなぁなんて夫と話していた翌日に再入荷のメールが届…

妊娠34週 お産の方針が見えてきたかな

妊娠34週の妊婦健診に行ってきました 今回はまずエコー外来の先生がじっくりエコーをしてくれました そこで我が子は横位から頭位になっているのが分かりました!おおぉーついにー✨ 今日はどっち向いてるのかな〜(´∀`)と毎日話しかけてきましたがちゃんと頭…

臨月の妊婦が電車に乗ったら世間様はイヤですか

前回の記事に続き 臨月を前に家族で話した検討事項 お産までの日々の過ごし方 外出の範囲と交通手段 お産までの日々の過ごし方 まず!私にとって妊娠線予防よりも重要視していた&楽しみにしていた会陰マッサージ!これが34週から解禁されます!ヽ(;▽;)ノ …

お産の始まり方によって入院時の行動が異なる

34週に入りました お仕事されてきた方はやっと産休に入る時期ですね お疲れ様でした!臨月まで2週間・正産期まで3週間です お産に向けて家族と話していたら色々考えることがでてきたので、検討事項を書き出してみます(^_^) 陣痛室用・入院用荷物の確認 状況…

うつ病治療中は妊活してはいけないのか

「うつ病なのに妊娠なんて赤ちゃんがかわいそう」 うつ病だけど子どもが欲しい。それはそんなにいけないことなのでしょうか。 私は2017年4月にうつ病と診断されました。内服治療とのんびり過ごすことで快方に向かっています。 現在内服2年8ヶ月目。お薬の種…

UNIQLOマタニティレギンスにマタニティ服と普段着の代替え品

妊娠9ヶ月目になり非妊時の服がほぼ入らなくなってきました。しかし残り2ヶ月弱のマタニティ期間のために新たにマタニティ服を購入することは躊躇われる。元々私は滅多に服を買わない。手持ちの服を把握できなくなったり荷物が多くなることが苦手だからだ。…

ベビーベッド二台とねずみ親子

我が家は全部屋フローリングで寝る時はベッドです 赤子が産まれたらどこに寝かせて過ごすか検討した結果、ベビーベッド二台使いというなんとも贅沢(?)な方法になりました リビングに一台と寝室に一台 リビング用は大きめで高さのある物を選んで購入(夫婦とも…

ブログ読者としての葛藤

はてなブログで毎日色んな妊婦さんや出産された方、育児中の方の体験記を読むのが楽しみです(*^_^*)皆さんありがとうございます! ですが、妊活中・不妊治療中の方のブログに☆やコメントを残すことに葛藤があります。デリケートな時期に「妊婦を見たくない」…

妊娠33週 内臓たちの悲鳴

最近、家の中歩いてるだけで息がきれる なんなら動悸もしてくる ちょっと前かがみになったら心拍数100とか はぁはぁしながら心臓を高めに横になってもすぐには落ち着かない心拍 胎児が大きくなって心臓や肺を圧迫してるのかな 胎児ってすごいな(新入りなのに…

元産婦人科看護師の経験をもって思うこと

私は結婚する10年程前まで総合病院の手術室に1年間、その前は産婦人科病棟に3年間いました 手術室では帝王切開、産婦人科では経腟分娩に多く携わってきました そこで学んだこと・感じたことがたくさんあります 妊婦になった今思うことを少し書いてみます(^^)…

今のうちにたくさん読もう

「かみさまは小学5年生」著 すみれ去年電車の広告で見かけて図書館に予約、1年後の今月ようやく借りられました前世でかみさまの国にいるかみさまだった時の記憶をもったまま生まれ変わった10歳の女の子すみれちゃんのお話です不思議なお話がたくさん出てくる…

入院準備、これで大丈夫かな

「妊娠28週までに入院準備をしてください」 と慶應の助産師さんに言われてました(´∀`)なんとな〜く必要な物は把握していたけど、緊急時に家族に入院荷物を持ってきてもらう可能性を考えると、とても口頭では間に合わない 夫に聞いてみたら 「細かい物は分か…

慶應 マタニティクラス 後期

参加してきました。 立会い分娩希望の夫は参加必須の後期クラス。ほとんどの妊婦さんが夫同伴でした。30組位の夫婦とお一人参加の妊婦さんが5〜6名程。60名以上の大人数でした。 綺麗な妊婦さんばかりでビビる。 集合場所から違う建物へ。どうやら前回の中期…

妊娠糖尿病検査に引っかかった

(美味しそうなごはん この話題は後半でm(_ _)m)慶應では初診時と妊娠26週頃に血液検査がありました26週頃の検査では血糖スクリーニングという妊娠糖尿病の検査をすべての妊婦さんが行うそう私も受けましたそして引っかかりました(;▽;)ひゃー50gの糖分が入…

食欲と浮腫と血圧と

一昨日の妊婦健診で体重増加を優しくやんわり注意されました 30w非妊時から+3.8kgだったところ 32wは+5.3kgに 2週間で1.5kg増(・∀・)わー 原因に心当たりがありすぎる 11/2〜4の三連休に姉家族が実家に帰省しました(^^)その夜にたこ焼きパーティーをし、ジュ…

逆子ではなく横位

妊娠発覚から時系列で少し書いてきました。追いつきまして、ここからは今の話題になります(´∀`)昨日32wで妊婦健診を受けました赤子は元気!推定体重2,000gちょっと(゚∀゚)そして向きは横位。横向きだったよ_(:3 」∠)_「今日は横向きだね」と前回30wの健診で言…

もしや後期つわりというものか

妊娠28週 8ヶ月目に入ったある日、ずっと行ってみたかった憧れの吉祥寺のカフェ「Chai break」さんへ向かいました(о´∀`о)モーニングのセットを注文しました。チャイとサラダバー、シリアルバーがついています。ホットかアイスのチャイに、葉っぱやオニオンス…

妊娠21週6日と22週0日の違い

(少し前のお話です)妊娠21週6日と妊娠22週0日生育可能の線引きがある境目ですね。妊娠22週0日を迎えたけれど、必ず生存できるとは限らない(;ω;)まだまだ安心できませんが、ここまでこれた安堵感は大きいです。

妊娠20週 もう半分!

(少し前のお話です)全妊娠期間40週の半分の20週を迎えました!もう半分か。早い。妊娠したら世の中が美しく緑が輝いて見えた✨と聞いていて、そうなんだぁ(*⁰▿⁰*)と楽しみにしていました。しかし、いつになっても変わらぬ景色(・ω・)私はやはりツメタイなぁと…

慶應病院待ち時間長いね

こんにちは(・∀・)妊婦健診って2週間に1回くらいの頻度が1番多いですよね。私は15週越えた頃から赤子は大丈夫かも このまま元気に育ちそう〜と安心したので妊婦健診が待ち遠しくは感じなくなりました。むしろ「え もう健診の日?」と毎回思います。エコー越…

妊娠16週 安定期に突入

(少し前のお話です)妊娠15週1日の健診にて赤子は95mmに成長してました。肉眼でも分かる大きさに成長したんだな。不思議。そして安定期と言われる妊娠16週✨つわりがおさまると言われておる。どきどきしながら16週0日になる瞬間を時計で見ていた(´∀`)わくわく…

妊娠12週の壁とつわり

(少し前のお話です)流産率がぐっとさがるといわれる12週。12週未満が早期流産。それ以降が後期流産。流産全体のうち早期流産が8割を占めます。なので12週の壁を越えるのが一つの目標ではないでしょうか。それまでにも胎嚢確認、心拍確認、母子手帳交付などの…

流産〜現在

(少し前のお話です)前回流産した妊娠10週を越えました。前回の妊娠時は、アメリカのボストンに住んでいました。2015/5渡米。妊娠が分かったのは2015/12/24。薬局で英語の妊娠検査薬を前に30分以上うろうろし、意を決して購入。ドキドキしながら家に帰り検査…

なぜ慶應が良いのか

2019/6 妊娠10週目近所の産科で紹介状を書いてもらい、母子手帳と妊婦健診クーポンを持って初めての慶應義塾大学病院産科の受診(*⁰▿⁰*) 私は高齢初産でうつ病治療中、高リスク妊婦にあたる。慶應で手術既往もあったり、ここに書くのは控えたいこともあるけれ…

妊娠発覚

年明けから心機一転色々始めた妊活に早速くたびれた3月。 人に会うのが億劫なのだ。しかしやっと始めた鍼灸などを休んでいることへの罪悪感も大きい。 人に会えないなら会わずにできることをしよう 思いついたのはお墓参りだった。 しかし本当のお墓は遠方の…

結婚〜妊活時系列

2010.9 入籍 2012 婦人科で検査 夫婦とも異常なし 2013.10〜2014.3 パーソナルトレーニング(関連記事↓) tsungorou.hatenablog.com 2015.12 妊娠 2016.2 流産 2018.12 夫「焦っている」(関連記事↓) tsungorou.hatenablog.com 2019.1 婦人科受診(関連記事↓) ts…

左の卵巣が腫れている

2018年春 市の無料子宮がん検診のお知らせが届いた。 年に一度は受けなきゃと思い、何にも考えずに少し気になっていた近所のウィメンズクリニックへ行くことにした。がん検診は毎年受けており婦人科の内診が男性医師でも抵抗はない。 診察室に呼ばれドキドキ…

妊活・考え方の影響力

「仕事するより早く孫を」という義父の考えもあり結婚以来ほとんどの時間専業主婦だった。 そんな義父のプレッシャーから逃れ少しでも身体に良いことをするためにスポーツジムに入会した。そこでパーソナルトレーニングを半年程受けた。 目的は子どもを授か…